コンビのジョイトリップエアスルーは楽天での口コミ評価も高く売れ筋です!!   

f今回はチャイルドシートをご紹介したいと思います。
checkチャイルドシートの人気売り上げランキングはこちらから!!
数々の会社からチャイルドシートが出ていますが、その中で楽天でもアマゾンでもとても人気なのがコンビジョイトリップエアスルーです。


ジョイトリップエアスルーの安全性は??

子供が乗るチャイルドシート、安全性は一番大事ですよね!
ジョイトリップエアスルーは大型のヘッドサポートでもしもの側面衝突でも安心!!
エアスルーは新しくクッション材を両サイドに追加しています。
座面も3Dクッションですわり心地も最高です◎

ジョイトリップエアスルーいつからいつまで使える??

こちらの商品は1歳~11歳頃までながーいこと使うことが出来ます◎
ジュニアシート・チャイルドシートの着用が義務付けられているのは10歳までです。
①チャイルドモード(1歳~4歳頃まで)
②ジュニアモード(3歳~7歳頃まで)
③ブースターモード(3歳~11歳頃まで)
チャイルドシート いつまで
長いこと使うことが出来るので買い替えが必要ないのが嬉しいです◎

ジョイトリップエアスルーの取り付け方とは??


さらにジョイトリップの重量はたったの5.2kg
小柄な女性でも力のない女性でもさっと簡単に短時間で取り付けられます!!
他のチャイルドシートは重くて装着にてまどったり、一人だと難しかったりしますがそんな心配も要りません♪

 ジョイトリップエアスルーはリクライニングできる??

チャイルドシートのリクライニングが出来るかどうか??
というところを購入の決め手としている方も多いはず!
座ったままの状態で寝ているのも子供の腰の負担にもなりますし、楽な状態で眠ってほしいですもんね!
ジョイトリップエアスルーは車の座席のリクライニングを倒すと一緒に倒れるので、
ベルトなどの調整もすることなくリクライニングが出来ます◎

ジョイトリップエアスルーのカバーは取り外して洗えるの??

車移動で子供を頻繁に乗せる方はここも気になるポイントですよね!!
夏の暑い時期はシートも汚れるし、飲み物なんかもこぼすことも度々あります。
ジョイトリップエアスルーはカバーが外せます◎
外し方はジョイトリップエアスルーのマニュアルに書いてありますので簡単に外すことが出来ます◎
外したカバーは洗濯機で丸洗いでき、清潔に保つことが出来ますよ~♪
それでは気になる口コミを見てみましょう★

軽くて装着も楽

・新生児用のシートに比べて、コンパクトでとにかく軽い。
片手で持ち運びできます。

・装着も、かなり簡単で、乗り換え時に移動しないといけない場面でも、わずらわしさは一切なしでとっても使い安いです。娘もすんなり乗ってくれます

・軽く・取り付けも簡単で、使用感はまったく問題なく、三点固定式やリクライニング、カップホルダー、ベルトポジショナー等、自分が欲しいと思うものはすべてついていました

リクライニングできるのが良い

・背もたれに可動域があるので、車のシートを倒せば少しリクライニングできるのがよい

・ジュニアシートだとリクライニングがないものがほとんどなので、寝たときに首が辛そうというレビューをよく見たので…。これはリクライニングできてよいです!

・車のリクライニングに合わせて稼働してくれるのも、ありがたい機能です。

・チャイルドシート兼ジュニアシートとなると、リクライニング機能もなく寝たら首がうな垂れるようなものばかりでした。でもこの商品は少々のリクライニングならオッケーとのことで即決。

・長距離でも背もたれを少し倒してあげれば気持ちよく寝ています

その他

・ものは確かなのにお安く、配送やメールも迅速なのでいつも安心して注文しています。

・安価なジュニアシートに比べれば、少しだけ価格は上がりますが、それ以上の満足度は得られるかと思います

・グレーなら、夏でもシートが熱くなりにくそうでいいと思います。

・子供も自分で乗り降りしてくれます。

・作りもしっかりしていて、コスパが良い商品だと思います

・安いものは安いだけの違いがあり、1万円前後の物とかなり悩みましたが、長く使うものだし!と思って、レビューのいいこちらに決めました!購入してよかったです。

・ドリンクホルダーがあるのも良かった!

最後に

チャイルドシートも数ある中でやはり人気の商品は人気なだけの理由があることがわかりました。
乗せる側にも、乗る子供側にも配慮した商品でとても良さそうです◎
今回ご紹介したこちらのお店は配送やメールも迅速に対応してくださるようですので安心して購入できます★
チャイルドシートの購入に迷っていられる方にはおすすめですよ~^^


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする